4c6uin6mr6ifdmasp3p7_360_480-a5d86991

ただいま鋭意増産中!シマヤ特注「濃い~い押江込蔵」!!


20160330_03e441
2016年11月25日(金)
【木更津店情報】
取り扱いを始めてからいったい何本売れたでしょうか!?大大大好評の集魚剤、押江込蔵(おしえこむぞう)!誠にありがとうございます!

この製品、私の記憶が正しければこちら関東では、まず伊豆稲取のキンメの名船宿「山吉丸」さんの常連様たちから火が付いて、当木更津店にて取り扱い開始以降、これまた勝浦の名船宿、某「作E丸」のお父さん(笑)がキンメに使ってみたら効果絶大!?お父さんが仲間の船長さん、漁師さんに「これいいぞ!」って広めたもんだから、昨シーズンあたりから一部でえらい騒ぎになってます!(笑)

そんな“押江込蔵ブーム@外房”の火付け役のお父さんからずっと言われてたのが・・・

「すごく良いんだけんども、青なんかに比べると赤はちょーっと染まりが弱えっぺぉ〜、おっさ~、もっと濃い~いの作ってくれぉ〜」という無茶ぶり気味のリクエスト・・・(^_^;
使ってみるとたしかにお父さんが言うとおり、青に比べると赤はイカの短冊エサを数回投入するとちょーっと色が落ちやすいかも・・・。

そこでメーカーさんに直談判!

(※やはり赤と青では、どうしても赤い色素の方が染める力が若干弱いそうです。さらにイカはオキアミなどのエサに比べるとなおさら染まりずらいそうです。その辺の加減は押江込蔵は漬け込みすぎてエサが固く締まりすぎるような心配は無いので、漬け込み時間を長くすれば解決できるとのことだけど… )

いやいや、せっかちな漁師さんたちだから、その辺の説明もなかなか聞いてもらえません(笑)

ムリ言って何とか作って貰いました!

4c6uin6mr6ifdmasp3p7_360_480-a5d86991

押江込蔵シマヤオリジナルレッド濃色素ボトル

出来あがったその足で早速、木更津港にてヒイカを釣って、沖漬けならぬ「押江込漬けに!」のテスト図。(笑)

mmnyi8dpkst7gy7ewnki_360_480-5c5acce6
うーん、良い感じです♪(^O^)

もちろん、某「作E丸」お父さんを始め、仲間のキンメ漁師さんたちにも使ってもらい、「おっさ~(^o^)やっぱ違うね!濃くなったね!イイぉ!」のお墨付きをいただきました!

しかし、これだけ言っておいて、現在欠品中です(汗)
が!、ただいま鋭意増産中!次回の入荷は11月27日、まもなくです!

当店にて「押江込蔵」をご購入いただくお客様の99%が「深場釣りでの使用」を目的とされていますので、今後、赤の600gボトルに関しましては、従来品より一割ほど値上がりしてしまいますが(税別¥880)、当店では、特注の「濃色素ボトル」を在庫させていただきます。もし、「染まり過ぎも良くない、従来品の方が良かった」といった場合は、そちらもお取り寄せ可能ですのでお申し付けください。

入荷次第、オンラインショップからもお買い求めできますので是非よろしくお願い致します!